chinatourのブログ

中国の西安、チベット、九寨溝、成都、洛陽、敦煌、新疆、大同、黄山、ラサなどの観光、美食、ショッピングなど紹介するブログです。

今年の中秋名月祭りは西安大唐芙蓉園で取材


                         西安は昔の長安で、兵馬俑や法門寺や大雁塔や崋山などの観光施設があります。          


今年の中国中央電視台の『中秋晩会(名月祭り)』は西安の大唐芙蓉園で主催しました。
大唐芙蓉園(だいとうふようえん)は唐玄宗と楊貴妃の遊園地でした。今は夜景で有名で、世界に知られています。園内には唐の宮殿遺跡が多く残っており、緑が多く、ガーデンみたいなところです。夜になると、多くライトアップされ、色んな行事とか演出があり、音楽噴水も見えて、人気的な観光地になっています。
特に、習主席は陝西省西安近くの富平の出身で、名月祭りは西安の明代城壁と大唐芙蓉園のところどころで取材し、有名な男優が陝西方言で、中秋節の夜で、『長安一片の月』などの唐詩を詠んで、習主席も古里を懐かしく思い、親しむ感じがするのでしょう。
この一方、西安は13代の王朝の都で、北京、上海、広州のような現代化的な国際性がないと思われますが、夜になると、鐘楼、鼓楼、回民イスラム街、城壁、大雁塔、大唐芙蓉園、大唐不夜城、大唐西市など、色んなところ、ライトアップされ、古い都の雰囲気があふれていて、西安の夜景がとても有名です。
下記の現地国際旅行社、中国西安海外国際旅行社の主催した『西安イルミネーションツアー』がとても人気があり、日本語ガイドと専用車付きで、夜でも、安心に西安の夜景を堪能できるツアーです。西安へ行く際、是非、そのツアーを利用してください。


西安夜景ツアー


より多い西安発現地ツアーは弊社本ページをご参照にしてください。