chinatourのブログ

中国の西安、九寨溝、成都、洛陽、敦煌、新疆、大同、黄山、ラサなどの観光、美食、ショッピングなど紹介するブログです。

西安の長恨歌野外舞台劇 長恨歌ショー


華清池は西安から東に30キロ離れた驪山の麓にあります。驪山は海抜1256m、風景秀麗なところで、三千年前の西周時代からの温泉の湯元があります。そのため、ここは歴代の帝王が享楽に耽った所でした。秦の始皇帝がこの温泉に入ったと言う話も広く伝えられています。
唐の玄宗皇帝が747年にこの温泉地に造営した本格的な宮殿式建物は「華清宮」と名付けられました。楊貴妃は傾国の名花として名高く、16歳の時、美人(官名)に選ばれて宮殿に入り、 玄宗の子、寿王の妃となりました。唐の開元二十八年(740年)十月、玄宗皇帝が華清宮に行幸中、宦官の高力士の推薦によって召し出されました。その後、楊貴妃は女道士となり、太真と称し、太真宮に住みました。官名通りに美人で聡明、その上下歌舞に長じた玉環は玄宗の寵愛を一身に集めました。
745年には 皇后に次ぐ高位の貴妃となりました。それ以来、玄宗は毎年秋から翌年春まで楊貴妃と共に華清宮に住み、温泉に入り、歌舞を観賞し、歓楽の日々を送りました。華清宮には玄宗と楊貴妃のために蓮花湯と海棠湯という専用の浴室も造られました。白楽天の『長恨歌』の中で描かれた通り、『春寒くして浴を賜ふ 華清の池、溫泉 水滑らかにして 凝脂を洗う』ということです。
名詩人の白居易(白楽天)は唐の玄宗皇帝と楊貴妃の愛情の物語を後代まで伝える「長恨歌」に記しました。この哀愁に満ちた感動的な物語は、盛唐時期の驪山麓の華清池に生まれたのです。
白居易の長編漢詩『長恨歌』によって改編された舞台劇、中国初の大型実景歴史ミュージカル『華清池&長恨歌」ショーは出演者300人からなる大規模なもので、本物の山や川を舞台に、この唐の時代の恋愛劇が華清池のほとりに蘇ります。300人余りのプロ芸人は華麗な唐服を身につけ、踊りで詩に描かれた名場面を表現し、毎年の4月から10月、大型山水歴史舞台劇『長恨歌』が華清池で演出されています。


中国西安の華清池の長恨歌ショーにご興味のある方は下記の中国西安で大手国際旅行社の西安海外国際旅行社の担当者とご相談ください。