chinatourのブログ

中国の西安、チベット、九寨溝、成都、洛陽、敦煌、新疆、大同、黄山、ラサなどの観光、美食、ショッピングなど紹介するブログです。

中国洛陽旅行 龍門石窟と少林寺の現地観光ガイド

洛陽らくようrakuyo)は中国河南省にあり、西安、北京、南京、開封、杭州と並び、中国六大古都と言い、北魏・晋・隋・後梁・後唐 などの都でした。唐代には長安に対して東都と呼ばれ、経済・文化の中心として繁栄しました。今の洛陽には、観光施設が多種多様で、世界遺産の龍門石窟(りゅうもんせっくつ)と禅宗発祥地と中国発祥地の少林寺(しょうりんじ)を始め、中国最古の仏教寺院の白馬寺(はくばじ)、三国志の関羽を祭った地、関林堂(かんりんどう)、中国国家の牡丹祭りの主催地の白園、麗景門景区、洛陽老街歴史文化古街、老白鼓楼、中岳廟、嵩陽書院/会善寺、崇岳寺塔、周公測景台と観星台、太室闕、少室闕、啓母闕などもあります。洛陽には、洛陽華陽広場国際大酒店(5つ星)、洛陽友誼賓館(5つ星)、洛陽牡丹大酒店(四つ星)、洛陽欣源国際酒店(4つ星)、洛陽牡丹賓館(4つ星)、洛陽新豫東大酒店(3つ星)、洛陽聚合帝居酒店(3つ星)などのホテル施設が整っています。洛陽には洛陽北郊空港があり、北京、上海など直行便も就航していますし、西安から、洛陽までの新幹線(高鉄)で、1時間45分間しか掛かりませんので、とても便利です。特に下記の中国旅行エージェンシー&洛陽館(https://www.otcxian.com/rakuyotour/)には洛陽・鄭州・開封などの河南旅行情報が満載しており、洛陽観光の際、是非、その企画・実施をお任せください。


     龍門石窟は世界遺産で洛陽観光のメインです。


龍門石窟(りゅうもんせっくつ・ryumonsekkutsu)は、中国河南省洛陽市南の黄河の支流、伊水河畔にある仏教石窟寺院群です。この石窟群は、北魏が平城から遷都した494年から唐代にかけ約400年にわたって造営された仏教遺跡です。この間に彫られた仏像は、約10万体もあり、現存する石窟は1352ヵ所もあり、全長は1kmにも及びます。洛陽の龍門石窟は敦煌の莫高窟、大同の雲岡石窟と並び、中国三大石窟と称され、2000年に世界遺産として登録されました。


     少林寺と塔林は禅宗の発祥地で、中国カンフーの発祥地です。    


少林寺(しょうりんじ・syorinji)は中国の河南省登封県北、少室山の麓にある寺で、北魏の孝文帝が496年に跋陀禅師のために創建し、禅宗の祖、達磨だるま大師が、九年壁に面して座禅して悟りを開いた地と伝えられ、中国仏教の禅宗の発祥地であり、少林寺拳法発祥の地としても有名です。中国の拳法は、古来「南拳」と「北拳」という言い方をされるが、「南拳」は湖北省にある武当山の拳法を指し、「北拳」の発祥地が少林寺です。少林寺を訪れた際、寺院の西にあるレンガで造られた218基の舎利塔の『塔林』も見学でき、少林拳法の工夫ショウ実演もご鑑賞頂きます。


より多い洛陽観光情報を入手したい方は下記の現地国際旅行社の本ページをアクセスし、
ご参照にしてください。
中国旅行エージェンシー&洛陽館:https://www.otcxian.com/rakuyotour/